エンジニアの主な転職理由とは?悩みをまとめてみました。

エンジニアのキャリアを見ると、1社で長く働く方もいますが、中には転職を繰り返す人も相当います。なぜ転職を志すのでしょうか?その転職理由について、主なものをまとめてみました。

新しいことにチャレンジしたい

この理由が圧倒的に多いようです。技術の世界は日々著しく発展しています。しかし1つの会社で働き続けていても、仕事内容はガラリと変わることはまずありえません。そのため、いろいろな仕事内容を経験するためには転職が手っ取り早いのです。
様々な経験を積んでいる対応範囲が広い方はこのケースが多く、職場を転々としながら多様な業績を積み上げていっています。
このようなポジティブな転職理由は就職面接や退職交渉時にも受け入れやすく、より円満な転職が実現できるかと存じます。「自分の力がどこまで通用するか他の職場で確かめたい」とか、たとえ本当の転職理由が不満であっても、対外的にはそのような前向きな理由を述べるのがいいです。

 

収入や福利厚生の改善をしたい

エンジニアの仕事は、職種や会社にもよりますが、長時間会社に拘束されるものが多いです。特にSEは過労傾向にあると言われています。その一方で残業代が全額支払われないなど、金銭面の条件が悪い会社もあります。業界の構造として、特に、元請けから離れた下請けの会社で働いている方は特に、いくら働いても収入が増えません。
そのような環境から抜け出すために新しい環境を目指して転職する人もいますが、プライベートの時間が確保できないため、このケースの場合は転職活動に時間が割きにくいようです。中には休職や有給休暇を使いうまく活動されている方もいます。

 

自分の働きが評価されない

エンジニアの仕事の評価は会社や上司によって異なるし、評価が難しい部分があります。どれだけ頑張って働いても、働きぶりが単純な数字で表せないことがあるのです。例えば、高度なスキルを要する仕事をこなしても、その案件の利益率が低ければ、評価されないこともありえます。そのような点を理不尽と考えて、自分を高く評価してくれる会社を探そうと転職活動を始めるケースも多いようです。

 

将来への不安

前述のように、技術の世界は刻一刻と進化しています。しかし会社の変革には時間がかかりますし、会社の事業内容によっては、時代が必要とするものを提供できないかもしれません。また、逆に会社の経営方針などがそれで変わることになると、自分の能力が通用するかという別の不安が発生します。そのような事態に陥ると、今の職場に見切りを付けるかたちで新しい職場を見つける必要性が出てきます。

 

会社の人間関係への不満

基本的に技術職は内勤が多いため、オフィスにずっといると同僚の嫌な面が見えてしまいます。それに、異性の同僚と親しくなりすぎて職場恋愛に発展することもあるかもしれませんが、別れてしまうとオフィスにいづらくなります。いい上司に恵まれればいいですが、中にはハラスメントをする人もいます。もともと対人の仕事ではないため、コミュニケーション能力が求められないことから、人によっては、人付き合いをうまくできない人もいます。多忙な職場であったり、雰囲気の悪い職場であれば、まともに上司や同僚と私語や懇親はおろか、仕事の話すらまともにできません。
転勤などして問題ある同僚と距離を置くことができればよいのですが、それが叶わなければ職を変えるしかありません。実は職種に限らず多い転職理由としては、職場の人間関係のようです。

 

配属に不満

どの会社もそうかもしれませんが、人事で自分の要望を全面的に聞き入れられることはなく、好きではない仕事をする部署に配属されることもありえます。また、技術者の仕事にはプログラミングからプロジェクトマネージャーなど様々あり、役割の面からも自分の思い通りの仕事ができることは意外に難しいのです。やりたくない仕事ばかりではモチベーションが下がり、転職を考えざるをえなくなります。

エンジニアの転職理由も他の職種と変わらないようにも思えますが、ITの技術職は求人が多いこともあり、転職を繰り返す人が多い傾向にあります。転職の成功率も比較的高確率(8割程度)と言われています。

転職が全てと言うわけではありませんが、複数の職場環境を経験すると、多様な職務を経験できるだけでなく、環境の変化に強くなります。もし職場を変えることに不安やためらいをお持ちであれば、今一度転職を考えてみてもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。