技術者に転職が可能な年齢は何歳から何歳まで?

技術者が技術者として転職したいのなら、年齢は一つ大きく配慮されるべきことでしょう。もちろん年齢が選考結果に影響することはよくあることですし、基本的に技術力の有無も含めて考えるべきところが変わってきます。
では、基本的に技術者として転職できる年齢の限界は、大体いくらくらいまでなのでしょうか。

まず、技術者という言葉を広く捉え、その上で考えるのであれば、十分いろんな年代からの転職は期待できるでしょう。
最近は特に定年の概念がない外資系や、中高生でもプログラミングやエンジニアリングに精通している人はいます。このため、そのような観点からすれば、年齢はあまり意識されるところはないという意見もあります。

 

しかし実務的な答え、また転職市場の答えは大きく違います。

 

まず、最低限技術者として国内企業に採用されるためには、ある程度経験が必要になります。
これは第二新卒と呼ばれるような若い世代の人でも同様で、特に経験を重視されないような場合でも、資格や業務外で作成したソフトウェアや技術に関するものが必要になる場合もあります。Web系でデザイナーも見越しているのであれば、ポートフォリオの提出が求められることもあるでしょう。
このため、大体旬となるのは20代後半です。この頃になると、積極的に動いていくことがとても有利になります。転職サイトやIT転職エージェントなどの助けも使いながら、第二新卒としての就職先も考える必要があります。
また、20代なら熱意や資格があることが有利に働く場合も多いでしょう。将来性や安定性、成長を見越しての採用も期待できる年代です。

20代に関しては20代エンジニア・技術者の転職に「石の上にも三年」は危険の記事も参考にしてみてください。

 

チェックボックスアイコン (4)30代の場合

一方、これが30代になると圧倒的に転職としては経験が重視されます。
経験に関しては、特にこれまで何をしてきたか、業務内外でどのようなことをしてきたか、どんな言語を使ってどのくらいの規模の制御を行ってきたか、というようなことがメインとなり、話の中心となります。もちろん人柄や資格、志望動機なども十分採用される可能性は出てきますが、30代なら特にやってきたことがとても大きなことになります。
また、30代前半なら専門的な技術やスキルが武器になりますが、30代後半になると今度は後輩の指導や育成、チームのリーダーとしての振る舞い方などの経験が必要になる場合もあるでしょう。この場合、基本的にリーダーやまとめ役、エンジニアとしても中核やまとめ役を担う事になりますから、やはりそのような経験やスキルがあるとみなされる方がより有利になるのです。

 

チェックボックスアイコン (4)40代の場合

そして40代になると、さらにスキルは重視されます。
ただ、このくらいになれば経験があるのは当たり前、なおかつリーダー経験やプロジェクト運営の経験があって当たり前、ということになります。このくらいの年齢になると、いよいよ独立するか企業でのまとめ役を担うか、それとも技術者一本でやっていくか、というようなことをしっかり考え、その上でどのように会社に貢献できるか、ということまでがアピールポイントとなるようです。
この時、実は40代になると経験はほとんど見られません。実はスキルや技術力はあって当たり前、さらにそこからリーダーしての経験や後進指導、プロジェクトマネージャーとしての資格や役割を求められます。
また、このくらいになると役職持ちの人もいるのですが、この時に外部との交渉能力があるかどうかということも問われる場合があります。これはBtoC企業ならお客様とのやり取りやサポートの経験、BtoBなら相手企業とのやり取り、という面でのことでしょう。基本的にこのようなことがしっかりできるかどうかによっても、できるキャリアや成功率は変わってきます。
ただ、このくらいの年代は密かに需要がある世代でもあります。ベンチャーでのチームのまとめ役や経験豊富なエンジニアのスキルを求める企業はあります。問題はそこで希望するだけの給料や待遇が劣ってしまうということでしょう。

 

ちなみに、最近は英語力がある人が求められる傾向もあるようです。これは技術力があり後進指導も行い、外部とのやり取りとして英語を使ってコミュニケーションができる、ということになります。もちろん社内での公用語が英語である外資系企業などの場合、英語力は特に重視されます。
逆に言えば、年令を重ねても英語での交渉ややり取りができ、ビジネスとしての話がしっかりできるのなら、転職に成功する可能性は高いといえるでしょう。最近では国内だけではなく海外市場に目を向けてやり取りを行う企業も増えています。このため、英語力があると有利になったり海外とのやり取りを任されることもあるでしょう。役職や待遇の向上も期待できます。

 

現在IT業界で働いていて年齢で悩んでいる方へ

現在IT・Webエンジニアとして働いていて、年齢で転職できるか悩んでいる方へ。結局転職できるかどうかは単純に年齢だけではなく、経歴やスキルを総合的に判断して欲しい企業がいるかどうかです。

つまり自分の市場価値、需要があるのかを把握することが重要です。そこで、働きながらでも簡単に自分の市場価値を把握することが出来るサービスを紹介します。

転職スカウトサービス「Forkwell Scout」

Forkwell Scout
「Forkwell Scout(フォークウェルスカウト)」はWebエンジニア専門の転職スカウトサービスです。

匿名プロフィールを無料登録するだけで、あなたを欲しい企業からヘッドハンティングのオファーが届きます。

スカウトオファーが来れば市場価値があるということですし、自分の条件と合っていれば転職すれば良いでしょう。 逆に全くオファーが来ないようであれば、自分の市場価値を把握することができます。

いきなり転職活動をして面接を沢山して落ちるよりも、まずはこちらに登録して自分に需要があるのかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

Forkwell Scout公式サイトへ
Forkwell Scoutに無料登録して市場価値をチェック

 

 

未経験から技術者に転職したい場合何歳が限界か

未経験から技術者に転職したいという場合、やはり30歳くらいが限界になるでしょう。全く違う仕事をしていて技術者になるというのはそれほど簡単ではありません。

 

非IT・ものづくりエンジニアになりたい場合

非IT系の技術者の場合であればIT・Web系に比べれば比較的間口は開いています。職種によっては50代も可といった企業もあります。しかしながら、今まで自分が経験してきた経歴を活かせる業界・企業のほうが採用してもらう確率は高いです。

 

「どうやったら未経験から非ITの技術者として働けるんだろう」と悩んでいる方へ。これは現役エンジニアとしての意見です。未経験からものづくりエンジニア等「非IT技術者」になりたい場合、工場勤務からスタートするのが一番近道です。

 

工場勤務の場合、未経験でも採用されることが多く作業自体も複雑なことを要求されることはありません。しかし、工場勤務で経験を積めば将来的にエンジニアとして活躍できる可能性があります。

私自身、元々工場勤務でしたがその経験を売りに転職活動を行い現在はエンジニアとして働いています。また、メーカーの工場などで働いている場合最初は派遣でも、そこから正社員登用されたりステップアップ出来るチャンスがあります。

 

工場勤務については賛否両論ありますが、それについても記事を書きましたのでご参照ください。

参照:工場勤務のメリット・デメリット

 

工場勤務のおすすめ転職求人サイトランキング

ここからは「元工場勤務の現役エンジニアがおすすめする工場勤務の転職求人ランキング」を紹介していきます。

 

 ジョブペーパー 

ジョブペーパーは、社員寮付きかつ寮費無料の工場勤務に特化した転職求人サイトです。赴任・引越し費用の負担なし、敷金礼金不要で無料の社員寮付きの日本全国工場勤務の求人を24時間対応のオペレーターが紹介してくれます。未経験者も歓迎で55歳まで就業可能ですので、これから技術者を目指す幅広い年代の方におすすめの転職求人サイトです。

ジョブペーパー公式サイトへ

 工場ハウス

工場ハウスは、メーカーや製造系の工場勤務に特化した転職求人サイトです。高待遇や大手の求人もありますので、資格等をお持ちの方にはおすすめのサイトです。また、未経験者歓迎の求人もあります。

工場ハウス公式サイトへ

 工場ワークス

工場ワークスは、細かい条件を指定しながら工場勤務の仕事を探せる転職求人サイトです。雇用形態から家族寮ありなど細かいものまで、様々な条件をフィルターにかけながら仕事を探すことが出来ます。大企業の正社員や未経験者歓迎などの条件もありますので、細かい条件がある方にもおすすめのサイトです。

工場ワークス公式サイトへ

IT・Webエンジニアを目指している場合

未経験からIT・Webエンジニアを目指す場合、余程資金力のある大企業であれば別ですがほとんどの企業が「ある程度の知識、経験がある人が欲しい」と考えているのが実情です。
なぜなら、Web系の知識と言うものは勉強をすればある程度は身につくものだからです。「未経験だけど、プログラミングのプの字から教えてもらいながらお給料を貰いたいです」というのはなかなか受け入れられません。

そこで、未経験からIT系の技術者を目指す方におすすめしたいのが「キャリアサポート付きのプログラミングスクール」です。

特徴としてはプログラミングを学び、次に転職・就職サポートもしてもらえるというものです。プログラミングを基礎から学ぶことができ、かつ就職も出来ますので「即戦力が欲しい」という優良企業からの求人にも対応することが出来ます。

 

転職サポート付きおすすめプログラミングスクール「WebCampPro」


「WebCampPro」は6ヶ月で即戦力のエンジニアを目指すプログラミングスクールです。渋谷にあるスクールで6ヶ月間のトレーニングを終えたのちに転職・就職サポートをしてもらえます。

さらに「転職・就職出来なければ全額返金」という保証付きです。32歳以下という制限はありますが、

  • どうしても人生を変えたい
  • やる気はあるけど何から始めたらいいのかわからない
  • 独学で学んでエンジニアになれる自信がない

という方にはオススメのプログラミングスクールです。無料カウンセリングを実施中ですので、お悩みの方はまずは相談してみてはいかがでしょうか。

「WebCampPro」で未経験から即戦力エンジニアへ

 

エンジニア向けの転職求人サイトの選び方について分かりやすく説明しています。こちらもご覧ください。

エンジニア・技術者向け転職求人サイトの選び方

コメントは受け付けていません。