未経験者でもエンジニアや技術者として転職可能?企業が思うこと

未経験者でもエンジニアや技術者として転職は出来るのでしょうか。

 

結論から話すと、未経験でも条件付きで転職は可能と言えます。

 

基本的に中途採用では、即戦力の人材が求められます。雇っても使い物にならなければ、採用した意味が無いからです。それでは「未経験でも採用したい人」とはどんな人でしょうか?

 

企業が求めるのはこんな未経験者
  • 年齢が若い人
  • 技術的なバックボーンがある人(理系出身)

 

年齢が若い人

 

年齢が若いということは、それだけ伸びしろがあるということです。仮にスキル不足だったとしても、時間を掛けて教育すればいい話です。若ければ周りも教えてくれますし、すぐに職場に馴染むことも可能でしょう。

 

一度社会人を経験していれば一般常識も身についていますし、手頃で扱いやすいので採用されやすくなります。ですから、年齢が若いということはそれだけで有利となります。

 

技術的なバックボーンがある人(理系出身)

 

未経験者でも技術的なバックボーンがある人、つまり理系出身である場合有利に働く場合があります。IT系のエンジニアの場合、文系出身でも採用される可能性は十分にあります。

 

しかし非IT・ものづくりエンジニアの場合は未経験は理系出身者以外取らないという所が大半です。エンジニアになる人間が、工学系の基礎知識も無いようでは役に立たないからです。

 

文系出身から非ITエンジニアを目指したいのであれば、相当な覚悟が必要です。しかし単純にものづくりに携わりたいのであれば、企画や営業といった仕事もあるので、DODAなどの転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODA

 

チェックボックスアイコン (4)エンジニアになりたい人へ

 

ここまで読んで「若いし理系出身だしどうしてもエンジニアになりたい」という方は、採用される確率はかなり高いでしょう。

 

自分の思いをハッキリと伝え、ポジティブに転職活動を進めていけばきっと内定を貰えるはずです。

 

今現在働いている場合、ネットでの転職が最も効率的に情報を収集できて良いでしょう。効率を最重視するのは、エンジニアとして基本のキです。

 

世の中には転職求人サイトが山ほどあります。エンジニア向けの転職求人サイトの選び方を書いたのでご覧ください。

 

エンジニア・技術者向け転職求人サイトの失敗しない選び方

 

コメントは受け付けていません。