20代、第二新卒エンジニア・技術者の転職方法とは?

第二新卒あるいは20代のエンジニア・技術者は、何をウリにどうやって転職すれば良いのでしょうか。

 

基本的に20代で転職する場合、それほどスキル的に企業から見て即戦力として使えるとは思われないでしょう。全く同じ職種、同じ仕事内容であれば今まで培った技術をアピールする機会もあると思います。

 

しかし入社前に完璧に、その会社で行われている実際の業務内容を把握するのは困難です。

 

 

L1-fl03-520代・第二新卒に期待されているもの

 

20代に期待されているのは「順応性の高さ」や「将来性」です。実績やスキルはありませんが、若いということはそれだけ有利なのです。自分の若さを存分にアピールしましょう。そして、既卒ならではの「社会人としての基礎能力」もアピールしましょう。

 

「自分は若いが社会人としての経験があり、順応性が高く将来性もある」というようなアピールが、20代には1番良いのではないかと思います。

 

また、体力や持ち前の人間性をアピールしても良いでしょう。理系の人間はプライドが高くナイーブと思われがちなので、そこであえてコミュニケーション能力の高さをアピールすると他の人とは違う部分をウリにすることが出来ます。

 

転職理由ですが、間違っても以前の職場の批判をしてはいけません。ネガティブな理由ではなく、ポジティブな理由を考えましょう。「こういう仕事はしたくない」ではなく「自分はこういう仕事がしたい」というように、ネガティブな理由でもポジティブな言い方に変えましょう。

 

チェックボックスアイコン (4)具体的な転職方法

 

具体的な転職方法ですが、今はネットで転職するのがオススメです。

 

特に昼間忙しくてなかなか転職活動に時間が割けない場合、夜でも転職活動が出来るネット上での転職のほうが圧倒的に有利です。

 

今は転職サイトも沢山あります。その中から自分にあった転職サイトを選ぶのが良いでしょう。

 

エンジニア・技術者に向けた「失敗しない転職サイトの選び方」を書いたので参考にしてください。

 

エンジニア・技術者向け転職求人サイトの失敗しない選び方

コメントは受け付けていません。