30代のエンジニアの転職では即戦力が求められる?

どんな職業にも注目されやすい年代はあり、特にそれまでのキャリアによっては評価されやすい時もあります。エンジニアの場合は、30代の転職が特に注目度が高いでしょう。もちろんそれより若くても、また年令が高くても期待できるのですが、特に30代での転職は非常に人気があります。

 

チェックボックスアイコン (4)30代のエンジニアが人気の理由

 

この理由の一つが、すでにある程度知識や技術力があり、即戦力になれるということでしょう。
例えばこれまでやってきたことがなんであれ、エンジニアとしてシステムを動かし働かせてきたのなら、これはとても大きなポイントとなるでしょう。一から仕事やプログラミング、エンジニアリングについて教える必要がなく、ある程度経験があるのですぐに戦力として働けるというのはとても大きなポイントになるのです。
このため、とても転職市場で人気があるのが30代です。エンジニアとしての経験を買われてよりより待遇の会社へ転職できる可能性もありますので、ぜひ転職エージェントなどに挑戦してもらいたいものでしょう。

 

その一方で、まだ30代ということがポイントになってきます。
これは「まだ」ということがポイントです。基本的にある程度経験はあるものの、他の技術やビジネススキルを身につけられないというわけではありません。このため、これから成長する可能性を秘めているということもポイントでしょう。
これはエンジニアとしてのことはもちろん、エンジニアとしてしっかり大きく伸びる可能性を秘めているということだけではなく、そこからさらにプロジェクトマネージャーやシニアエンジニア、あるいは他のジャンルでのエンジニアリング技術などを身につけられる可能性もあります。このため、とても大きな評価をされているのです。
また、30代ならこれからも成長の余地があり、期待も高くなります。期待できるというのは、例えば会社の社風に染まったり、会社に新しいメリットをもたらしてくれる可能性がある、とみなされるためです。会社の社風をしっかり理解したうえで求められるパフォーマンスを最大限に出せる可能性があるのなら、それも評価されるべきところでしょう。

 

なおかつ、30代ならまだ体力もあるということがポイントです。
例えば年齢を重ねると無理がきかなくなったり健康面で不調になる人も増えてくるのですが、まだ30代なら立派な働き盛りですので、あまりそこまでハードに働いても問題が起きにくい、ということもポイントでしょう。
もちろんその人の健康状態などにもよりますが、比較的健康でしっかり働ける、長時間の残業などに耐えられるということが大きなポイントとなるようですね。
ちなみにこの点に関しては、特に前半までの人のほうが重視される傾向があります。とはいえ、健康状態に問題があったとしても、それを上回るスキルやキャリアがあれば転職が成功する可能性は高いでしょう。ただ、もし健康上で問題があるのなら、転職エージェントなどに登録し、その点を踏まえたうえでの転職活動を行ったほうがより有利になる傾向があるようです。

 

チェックボックスアイコン (4)未経験の30代がエンジニアに転職する場合

 

ちなみに、全く経験がない人が30代でエンジニアへ転職するとなると、厳しい場合もあるでしょう。
最近では未経験者歓迎というのはほとんど20代の若い人を対象にしているということもあり、比較的厳しい事が多いのです。これは資格や業務外での開発・エンジニアリング経験が全く無ければなお厳しいということでもあります。
このため、できるだけエンジニアリングの資格や技術をしっかり身につけておき、その上でなら未経験者でも採用される可能性はあるでしょう。ただし、同じ年令で同じ性別なら、もちろん経験者のほうが圧倒的に有利です。
ただし全く未経験者にとっては厳しいかというとそうでもなく、この場合は一人での転職活動をせず、エージェントなどを活用してしっかり活動した方がいい、ということでもあります。中には未経験でも入れる会社があるかもしれませんし、自分にとって足りないキャリアやエンジニアとしての資格を教えてくれることもあります。場合によっては、こういうところがとても大きなポイントになるということもあるかもしれません。

 

ちなみにこの年令であったとしても、前半と後半ではまた違いが出てくる場合もあります。
即戦力として使えるだけの技術や知識があり、資格もしっかりあることもそうですが、この世代の後半になるといよいよリーダーシップが求められることもあります。このため、中にはリーダー経験があるかどうか、どういう業務をしてきたのか、ということを聞かれることもあります。
また、これからのキャリア形成をどうしたいのか、どのようなことをしていきたいのか、リーダーになりたいのかエンジニアとしてキャリアを積みたいのか、ということを考える必要があるでしょう。このため、必ず即戦力となるようなポイントをしっかり考えたうえで、その上でどうなりたいか、どうしていきたいか、その上で会社にどういう貢献ができるか、ということを考える必要が出てきます。

 

 

エンジニア・技術者向け転職求人サイトの選び方

コメントは受け付けていません。