IT業界で転職するならどの職種がおすすめか?30代エンジニアの転職事情

IT業界に憧れがあり転職したいという人は多いのですが、このようなときにどこに転職するかはとても大きなポイントに成ります。では、どういう職種がおすすめかと言うと、いろいろな傾向があります。

 

チェックボックスアイコン (4)転職時の有利不利

 

まず、一般的には経験のある職種への転職は有利になる傾向があります。
これまでシステムエンジニアやプログラミングをしてきたのなら、やはりその系統の方が仕事も効率よく進みますし、キャリアアップやスキルアップも期待できるでしょう。
基本的に経験のある業界や転職先なら、これまでの知識や技術も活かすことができます。また、エンジニアとして必要ないろいろな知識や技術をより大きく発展させ、プロジェクトマネージャーやキャリアのあるエンジニア、コンサルタントなどの道も開けるでしょう。

 

チェックボックスアイコン (4)狙い目の職種

 

今の時代ならいろいろなところで募集がなされています。このため、基本的にこの職種がおすすめということはありませんが、中には人が少なく求人をよく出しているところもあります。
その一つがシステム管理で、IT系の仕事の中でも特にシステムエンジニア、テクニカルエンジニアなどが求められる傾向があります。この仕事は基本的に納品したシステムの管理・運営を行う仕事であり、定期的にバックアップを取ったり、障害の発生がないかどうかを確認し、システム変更が起こったらユーザーに通知するなどの仕事があります。

 

また、情報セキュリティについての知識や技術が求められる場合もあるようです。
もうひとつはネットワークエンジニアで、コンピュータ同士のネットワークを安定して運用することが基本的な目的になっています。これは様々なサービスを提供することを前提に安定した通信ができるように様々な配慮を行い、ネットワーク構築なども行うでしょう。ただ、ネットワーク専任で行う事もあれば、それ以外の業務や開発業務と平行して行うこともあります。マネージャとしてマネジメントを行うこともあり、全体的に安定した運用ができること、設定や初期設定などをしっかり行うことも必要なことになるでしょう。

 

チェックボックスアイコン (4)プログラミングスキル

プログラミングができればいろいろなエンジニアとしても活躍の可能性はあります。これは特定の言語を使うエンジニアとなり、例えばPHPエンジニアやPythonエンジニアなどというようにプログラム言語の名称で肩書が作られていることもあるでしょう。

 

一昔前はこれが主流でしたが、今ではどちらかと言えば「ネットワークエンジニア」「フロントエンドエンジニア」「サーバーサイドエンジニア」のように、一つのジャンルごとに名称がつき、転職でもよりイメージしやすく統括的なスキルを持つことを希望されている場合もあるようです。

 

このような専門的なエンジニアとして活躍するのなら、最低限このような言語の上級資格くらいはとっておきたいものでしょう。一つの言語に詳しいのではなく、周辺となる言語も使えればそれに越したことはありません。

 

チェックボックスアイコン (4)30代エンジニアの転職事情

 

ただし、30代という年齢を考えると、やはり未経験者は厳しい傾向は否定出来ないでしょう。
30代という職歴や仕事の経験から考えると、ある程度経験が必要になります。特に未経験者歓迎としている求人もあることにはあるのですが非常に数が少なく、また同じエンジニアでもジャンルを少し離れれば全く未経験の人には厳しい状態が広がっていることもあります。
仮に同じエンジニアが専門知識を活かすのなら、最も簡単で成功の確率が高いのは同業種で同じ肩書のところに移動することでしょう。
次に、同じ業種でも出世や待遇アップを期待して転職するのなら、肩書は最低限キャリアが必要とされるところが多くなっています。特定の職務経験や職能があり更に上を目指したい人向けの求人は少し難しいですが転職できる可能性はあります。
一方、これが同じエンジニア界隈でも別の業種や職種に行くというのなら、あまり離れすぎていても使い物にならず未経験だと判断されることもあるでしょう。IT系の場合は特に専門職ですから、転職の時にはスキルのずれも意識する必要があるかもしれません。

 

ちなみに全く未経験でプログラミングもシステム管理などの経験もない人がITに入るのなら、おすすめできる業種の一つは営業です。営業職は基本的にコミュニケーション力が必要になり、比較的敷居は低めででしょう。そこからIT業界を見て、やっぱりエンジニアをやりたいと思うのならエンジニアになったほうがいい場合もあります。
また、転職の際にはサポートやアシスタントといった仕事もあります。これは待遇は劣るのですが、その分システムやエンジニアリングを初歩から学習でき、なおかつ身につけることができます。

 

特に簡単な仕事というわけではありませんし場合によっては待遇がダウンしてしまうこともありますが、やりたいと思うのなら挑戦してみる価値はあるでしょう。また、エンジニアリングではなく事務職なども人気があります。

 

まずは登録しておきたい転職エージェント
icon-ranking3-1レバテックキャリア(関東圏限定)
レバテックキャリア

30代で関東圏での勤務が可能であれば、レバテックキャリアがオススメです。

「IT企業転職専門」を謳っているだけあって、ITに特化した限定求人を抱えています。

年収アップを目指すなら登録して損はありません。

手数料なども一切かからないので、今の年収や仕事に満足していない方は登録してみることをオススメします。

公式サイトへ

エンジニア・技術者向け転職求人サイトの選び方

コメントは受け付けていません。