今、化学系技術者の転職先に非化学業界が選ばれている理由

最近、いろいろな企業が化学系の技術力のある人を求めている傾向があります。また、このような流れを受けて、化学系の技術者が非化学を中心とする会社に転職するケースがあるようです。
これはどうしてなのでしょうか。

 

チェックボックスアイコン (4)技術の内部開発

 

この理由の一つとしては、技術をそもそも社内で作ろうという考え方が出てきているためです。
これまでは化学に関する様々ななことを外の企業に依頼していた企業が、自社開発や自社制作を行い、より良い製品を作ろうという考え方があります。
これは企業間競争に勝つため、また新しい製品を製造するためです。そのような事を行うため、専門的な知識や技術経験のある人を求めており、スキルがあれば転職によりランクアップも期待できます。
独自技術や独自路線の作成を行い、他社にはない独自性の高いの製品を作ることで、トップや独自性を求めており、他社と同じような製品を作り価格競争をしているだけでは将来的に難しいということも見えているようですね。
このため、技術者として新しい企業に行ってもしても、基本的には開発系の分野となります。
もちろん非化学系なので全く畑違いのジャンルとなり、技術者としては転職後にいろいろな学習や商品知識の習得などが必要になる場合もあります。ただし、それでも技術力がある技術者を求め、また開発することで新しい商品を作り出していこうという考えはあるのです。

 

チェックボックスアイコン (4)内製のための求人

 

もうひとつは、全て内製するため求人です。
基本的にこれまで外注していたような開発や技術力がいる分野について、これまでは外の企業や個人との契約を行っていました。ただし最近ではそのような事がなくなり、むしろ自社製品をよりランクアップさせたりコストダウンさせるため、内製化の流れが出ています。
このため、外に発注するのをやめ、すべて社内で開発し、社内で製造して一括販売を行う、というのがこのところの主流です。このため、例えば素材や容器・包装材料などの開発を行うための技術者などが必要とされ、そのために技術力を求められているのです。
実際、採用されるためにこのような専門性の高さがあると採用されやすく、また専門性の高いジャンルへでの求職数が増えている傾向もあるようです。

 

チェックボックスアイコン (4)化学系企業のエンジニアの増加

 

また、最近では技術者が非化学企業を希望するケースも出てきています。これはひとつには化学を中心とする企業にありがちな「エンジニア数の増加」があります。
エンジニアの数が多い化学系企業の場合、基本的に研究開発と言っても同じようなポジションに複数の人員がいて、自分ならではという仕事やそのジャンルはあまり存在しません。
一方、非化学系の企業なら、研究開発についての人員はそこまで多くはなく、比較的転職をしやすい傾向があります。

 

 

もう一つはこのような流行です。
すべてを内製化するために技術者の市場が活気づいており、エンジニアとしての転職の条件が徐々に良くなってきています。年収や待遇などがよくなっており、仮に新しい企業でキャリアを追い求めても待遇アップが期待できるようになっているのです。
優秀な人であればあるほど待遇はよく、またこれまでやってきたことを活かして仕事ができるので、その後のキャリアアップや待遇アップが期待できるのです。
また、キャリアチェンジを考えている人にとっても嬉しいところでしょう。
こういった企業の場合、化学系のような技術者向け専用のキャリアプランニングではなく、場合によっては他の部署への移動をしたり、キャリアチェンジの可能性があるのです。
もちろん技術者から非技術者になることによって待遇などに差が出てくる場合もありますが、同じ社内でのキャリアチェンジなら難しいことはそこまで起こりにくいでしょう。
最後に、最近ではIターン・Uターン転職と呼ばれる、勤務地を変更する形の転職もあります。
この時、移動したあとの勤務地に必ず開発職や技術者として化学系の仕事があるわけではありません。比較的東京に集中しているのが化学系企業ですから、地方に出るととても就職が難しいという現状があります。
このため、そういった企業も視野に入れないと、地方での再就職は難しいという傾向もあるようです。とはいえ技術者としてのキャリアに集中するのなら、他の選択肢がないのではなく、積極的に受け入れている傾向があるということです。

 

 

このため、最近では技術者が非化学企業に進む場合もあります。
この時は研究開発業務に就業する場合もあればそうではない場合もありますが、やはりその専門知識やスキル、技術力などを活かして就業することが多いでしょう。
気をつけたいのは就業後の仕事内容です。
もちろん就業するのなら研究開発であるかどうかということはもちろん確認しておきたいのですが、その際にどのようなことをするのか、また開発するものがどのようなもので、ということをしっかり把握しておきたいものでしょう。
場合によっては希望するキャリアプランニングと実際に就業して行うことに大きな違いが出ることも考えられます。このため、転職する際にはエージェントの利用などを考えたほうがいい場合もあるでしょう。

 

icon-check-b-rおすすめ転職エージェント
icon-ranking3-1メイテックネクスト
メイテックネクスト

メイテックネクストはエンジニア専門の転職エージェントです。

転職エージェントとは、コンサルタントが転職の相談に乗ってくれて、自分に合った企業を紹介してくれるサービスのことです。

メイテックネクストは、元エンジニアのコンサルタントが多数在籍している「エンジニア専門転職エージェント」です。

製造系エンジニアの転職案件数が業界1位&大手からの求人や非公開求人も多数ありますので、キャリアアップを狙う方にはうってつけです。

年収交渉など、面倒なこともエージェントが代理でやってくれるので転職活動に専念することが出来ます。

手数料などは会社側が負担するので、転職者には一切掛かりません。

登録後はエージェントから連絡が来て、その後面談という形になります。夜遅く(〜22時)や土日祝日も面談を行ってくれますので働きながらでも転職活動に取り組めます。

本気で転職を考えている方には、特におすすめの転職エージェントです。

 

メイテックネクスト公式サイトへ

コメントは受け付けていません。