企業に歓迎される資格とは?転職に役立つ技術系資格の傾向

転職に関して技術職の人ならば、いろいろな仕事の需要があるため、転職のための資格を考える必要もあるでしょう。専門性の高い仕事で転職する場合、資格の有無はとても大事なことです。
資格に関しては様々な意見がありますが、多ければ多いほうがいいというわけではありません。幾つかの傾向を見ていきましょう。

 

チェックボックスアイコン (4)技術士

 

まずは「技術士」と呼ばれるものです。
これはIT関係にかぎらず、科学技術における高度な専門的な知識があるとみなされる国家資格のことです。基本的に技術職の中でも比較的難易度が高く、非常に高い専門性があるとみなされるのです。

 
持っていることで高待遇が期待できたり、少なくとも技術士を持っていないとお応募できないのが研究者や科学者、あるいは設計・技術にまつわるプロジェクトなどに参加できない場合もあるようです。

 

 

とはいえ、この分野は建築系が特に強く、特に建設関係の技術者を希望するのなら、技術士の資格を30代で取得しておかないと現場に残るのが難しいと言われています。

 
ただし、これは何もこの限りではありません。情報系やソフトウェアエンジニアの分野では需要が大きくはありませんので、よく注意しましょう。

 

 

チェックボックスアイコン (4)英語

 

もう一つは英語の資格ですが、これは「TOEIC」と「TOEFL」のどちらを重視するかによっても考え方が違います。

 
企業にもよりますが、一般的な企業ならTOEICの方を重視することが多いようです。これは基本的な英語力を求めるものであり、同時にどのようなレベルでの英語力があるかどうかを求めるものでもあります。基本的なところであれば、技術者ならば650点ほど、リーダー格やシニアエンジニア、プロジェクトマネージャーとしての就業なら700点程度を求められることが多いようです。英語力のみを武器にして技術職に転職するのは難しいようですが、その一方で専門性もありながら英語力もある人なら需要は高いようです。

 

 

一方、TOEFLは外資系や海外企業など、比較的海外と関連する仕事や海外での業務で評価される傾向もあります。ただ、この時にどのくらいの点数が必要なのかというと、それはその企業次第ということでしょう。一節によると110点以上が理想という話はありますが、他にも様々な意見があり、だいたい100点を目標とするとわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

ただ、日本の場合は未だにTOEICを重視する傾向があります。このため、どちらか、もしくは両方を取得しておくことで英語力があると判断されることが多いでしょう。

 

 

チェックボックスアイコン (4)その他の資格

 

また、汎用性のある資格なら、簿記やマイクロソフトオフィススペシャリストなどの、パソコンに関する資格もあるといいでしょう。

 
これは若い人やあまりキャリアがない人が、簿記経理ができたり基本的なパソコン操作やウィンドウズオフィスソフトの取り扱いはできるということをアピールするためのものです。
このような資格は、あまり経験がなくても学習次第で取得することができます。経験がないなら無いなりにアピールできるポイントとしても役に立つでしょう。

 
ただ、簿記やオフィススペシャリストは持っていて当たり前、あるいは持っていると事務系のスキルだとみなされることもあります。会社によって評価されるかどうかはまた違いますから、よく考えて受験しましょう。

 

 

そしてどんな技術職なのか、ということを考得たほうがいい場合もあるでしょう。
たとえば情報系なら「基本情報技術者」や「応用情報技術者」などの情報系の仕事、電気系なら「電気主任技術者」や「電気工事士」というようなものでしょう。難易度はそれぞれですが、建築系なら建築士も方法です。

 
ただし、他にもいろいろな種類があり、中には非常にマイナーなジャンルのものもあるでしょう。とはいえ技術職なら技術者としてのその専門性を高める方向で考えたほうがいい場合もあります。全く経験がなくても、そういったところからスタートすることができるでしょう。

 

 

最後に、それ以外にも就職に役立つものとしては自動車運転免許があります。
これは地方での生活や地方で就業を考えるのなら、必ず必要となるでしょう。特に車社会となる地方での生活や仕事では、車を使う機会は非常に多くなっています。このため、自動車運転免許は取得しておいたほうがいい場合もあるでしょう。というより、ないと生活面での心配をされたり、転職の際に余計な心配や技術職としての就業に支障が出る場合もあるためです。もし持っていないのなら転職前に取得しておいたほうがいいかもしれません。

 

 

基本的に専門性が高ければ問題ないと思われるかもしれませんが、実際に資格の有無によって採用されるかどうか判断することもあります。英語力の有無や技術力の有無などを保証するためのものですから、いろいろなものを持っておくのに越したことはありません。汎用性が高く知名度があるのなら、とっておいたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。